2016年4月27日水曜日

この前インタビューを受けたんですが、
媒体が紙且つ少部数みたいなので、
いつも胸ときめかせて待ってくれている君の元まで無事お届け出来るかフグリ心配。。
という訳で軽く抜粋します。
拙いけれど、最近はこんな事を考えているよ。

----
片岡「今、バンドとか、他にも沢山の音楽形態がある中で、
いろんな表現フォーマットがありますけど…(それを)もっと拡大したものというか。
例えばよくあるバンド形態っていうのは、
額縁にはめた「趣向を凝らしたこの中のものを」っていう絵画に近い見せ方なんですよね。
一方ノイズっていうのは、額にはめる事もしないくらい、まぁ音源で出すときは、それでも額にはめちゃうんですけど、、

例えば渋谷の路上で(街の風景に)額をはめて「この中が作品」って言えば、
それは(よくも悪くも)ノイズ(ミュージック)になると思うんですよね。
壁に貼られた絵画を見るっていう音楽鑑賞のやり方っていう対立構造だけじゃなくて、
(額の内部、表裏を規定しない事で)その反対側も見る事が出来る訳じゃないですか。
ノイズには、そういう広がりがあるなって。
(中略)

-大都市の雑踏はノイズなのでしょうか?

片岡「それは、雑音。デシベルの高い音、
耳に痛いだけの音っていうのが本当の意味でのノイズ(雑音、騒音)で、
雑踏は雑踏でしかないと思うんですよね。

ノイズミュージックっていうのはその雑踏をマイキングすることによって音に演技をさせる事。
フィルター(額)を通すってことで。

前まではそんな風に人が聞きたい音を録るのは、それはそれで面白いって思ってたんですけど、最近はちょっとやだなって。
街の音を録音して他で流しても生の音じゃないし、それを流すためにマイクを選ぶ過程もあるし、既成のスピーカーを選ぶ過程もあるし。
っていうのが嘘っぽいっていうか、人間本位すぎるっていうか、例えば海の音を録る時に、そういうこと(人間主体の採音方法)で自分の気持ちよさを追求するっていうのは、もうどうなんだろう?って。

沼津に行って終電を逃した事があって、やる事がないんで海に行ったんですが、ものすごく感動したんです。
(そこでは)サラウンドで素晴らしい音が鳴ってるわけですよ。自分がいなくても、誰も聴いてないのにずっと鳴っているんです。終電を逃したからこそ聴けたわけです。

偶然で物凄い贅沢な経験…あれがノイズであり、ライブだな。という風に最近は思っています。

2016年4月6日水曜日

ガチGO TO HELLな東北ツアーを終え、本日6日付けで26歳を迎えました。メッセージ諸々、ありがとう御座います。
年一回なんで、最近の事っていうか、丁度今日、渋谷でインタビューを受けたりして頭がそういうモードになってるんで、つらつら書いていこうと思う。

先週末から仙台〜山形〜郡山を四日間くらいかけて廻ったんですが、とにかく狂乱に次ぐ狂乱って感じで、多摩美風にいうと毎日が大新歓みたいな。
もうちょいパブリックに言うと、メンバーのZAIDEN氏に至っては4日間で通算6時間くらいしか眠っていないらしく、
自分はもうちょいマシですが似たり寄ったりって感じの数日でした。
最終日の郡山なんかはもう「命がけで突っ立った死体」を地でいく、凄まじいコンディションで、ただただ死に体寸前で音楽にしがみついていました。

ライブ2日目、山形ラフレックでのライブについて、オーナーのSHINYA TAKATORIさんが当日の模様を書き残してくれています。
以下直リン↓

あと山形はマジで可愛い娘が多くて(おっぱいも基本デカい)、諸般の歓迎ムードも相俟って竜宮感あったし寝てない事もあったしで本能ブースト掛かりまくりでちょっとやられかけましたがアレなことは(ほぼほぼ)無かったです。


仙台に一日前乗りをして、yumbo、テニスコーツ、柴田聡子のライブを観てきました。
なによりとにかくyumbo。廃墟、それも地球規模の。あそこまでディストピアな音って聴いた事がない。
終演してメンバーの方のコートが一着脱ぎ捨てられたまま会場に残っていたんですが、ここに本当に人間が居たのだろうか。って、あんなに沢山メンバーが居たのに思ったくらい。(あとボーカルの高柳さんが超美人で惚れた)
AKIRAが本気出した後の地球に残されたラジカセから聴こえる音楽ってひょっとしたらyumboなんじゃない?ってマジで思った。

それから何回も観ているテニスコーツだったんだけど、その凄さっていうかあの方達の(俺なりの)本質っていうのを少しだけ垣間みた気がする。

この前多摩美の卒製で、少し「時間のかかる」作品を作ったんですが、やっぱりそういう印象がないっていうか、
ドローン野郎っていう印象がない俺なんかが時間のかかる作品を作っても、人から5分とか10分とかいう大切な時間を頂く事はなかなか難しい。

テニスコーツの凄いのは、「耳をすまさせる」事が出来るってところだと思う。
平たく言うと「うた」のライブなんだけど、始まる前とか、途中とか、例えば歌いながらや、ギターを弾きながら、或いは口笛を吹きながら彼らは登場し、会場を縦横無尽に歩き回り、あらぬ所で音を鳴らしたりする。
一見、フリーでピースな空間の演出にも見えなくないけど、アレは「ノイズ」だと思う。

今日のインタビューでも話をさせて頂いたんですが、「ノイズ」が「ノイズミュージック」に変わるのは、そんな「耳をすませば」な主体性が伴った時だと思っていて、
どういう事かっていうと、例えば既製品な便器にサインをしたり、なにも書いていないキャンバスを額の中に入れる事で作品としたり、っていうのと同じで、(演者の)今から演奏をします。っていう心意気と、(お客さんの)音楽を聴くぞ〜っていう心意気が交わった時、全ての音は音楽に変わるのだと思う。
だから、客電が落ちる、二人が登場する、テニスコーツのライブが始まる。っていう流れの中で、偶然に鳥が鳴いたり、偶然に配管がうなったり、その全てが音楽になる。

最近録音ってものに若干懐疑的になっていて、例えば京都の街の音をサンプリングしたものを会場とか他の場所で鳴らしたりとかそういう作品もあって、でも結局作家が選んだマイクや、既製品のスピーカーを使ってその音を出す訳で。
或いは環境音、波の音を録るにしても、「これが波の音っぽい」ってのを人間主体のステレオタイプでマイキングしたりミックスしたりする。
それってなんか里山的っていうか、田んぼがあって自然がいっぱい、ってそれ自然じゃないからね!?みたいな。
その点テニスコーツのライブは本当にリアリティがあって、「音を聴く」ってどういう事かってのを、「うた」を通して無理のない形で教えてもらった気がする。それは俺が理想とする「ノイズ」であり「ライブ」に近い。
聴衆に自然と襟を正させ、その気にさせる。これは本当に凄いことなんだ。

(以下余談)
とは言うものの、大自然の畏敬に平伏し続けるのも癪だし、っていうかだったら東京で生きてる意味なんて全然ないし、実際即興的な抽象画を描くにしても、絵の具を練ったりとか、キャンバスを張ったりとかって過程もあるし、そもそもそれらの素材を購入するのにも勿論お金が掛かっていて、作家の社会的地位から来る財政とか、センスが顔を出すのはどうしようもない事だし、俺は性善説を信じてないから、それはそれでいいと思うし、自然と無為自然は全然違うと思うから。

それに表現活動に於いて裸っていうのは決して全裸のことじゃない筈だし(そうじゃなかったら何てつまんない事だろう)、それは含蓄として計上してもいいんじゃないかなって感じ。そう思ってツアーの準備をするにあたっては、必要最低限の機材以外はできるだけ適当に選ぶ様にした。持ってるカードで勝負しようぜ。ってやつかなぁ。いや、ちょっと違うかも。まだまだ全然まとまりません。

東京〜東北間の往復で、通算16時間くらい電車に揺られていました。大体は寝ていたけれど、本を読んでいた事もある。
田舎のババアはうるさくて、集団で乗ってきてそのまま騒いでいる。なんて事がままあって、今思うと不思議なんだけど、それが読書の妨げになるって事は全然なかった。
だけど、たった一組の女子高生、女子大生なんかが入って来て会話を始めると、もう気になって仕方がない。「ノイズなんか聴いてなにが面白いの?」ってたまに言われるけど、俺なりの解答がひとつ見つかった気がする。


みたいな感じで、音楽もそうだけど、最近は数年ぶりに大切な人も出来たりで色々と面白くなってきています。
それでも妬みや嫉み、それに伴う悪意や劣等感は消えないけれど、少しは自信を持って生きていいんだよって、ベールめいたものに包まれている気もなんとなく。

長々とすいません、最後に今回の旅でもらった一番好きな写真を添付して終わりにします、
それでは、また!


(2016/4/6 片岡フグリ)




予定
4/18 新松戸ファイアーバード(フグリ)
4/23 西荻窪ピットバー(エレファントノイズカシマシ)
4/24 新宿ジャム(エレファントノイズカシマシ)
4/30 高円寺無力無善寺(フグリ)
5/4 新宿ジャム(エレファントノイズカシマシ)
5/14 小岩ブッシュバッシュ(エレファントノイズカシマシ)
5/18 心斎橋ENTER(フグリ)
5/19 大阪ライブ喫茶亀(フグリ)
5/20 なんばベアーズ(エレファントノイズカシマシ)
5/21 名古屋パーティーズ(エレファントノイズカシマシ)
5/22 名古屋アンリミッツ(エレファントノイズカシマシ)
5/30 立川AAカンパニー(ネオキス)
6/4 中野ベースオントップ(エレファントノイズカシマシ)
6/11 西荻窪FLAT(絞める藻)